土砂災害警戒区域等設定の支援

  当機構は、土砂災害警戒区域等の設定作業に関連する基盤図の精度管理を行うとともに、民間と共同で開発した土石流、急傾斜地の崩壊、地すべりの現象毎の区域等設定支援システムの提供、支援を行い、作成したデータをデータ管理システムに登録できるよう処理するなどの支援を積極的に行っています。 

三次元数値地図作成の技術指導及び照査

三次元数値地図作成講習会

三次元数値地図作成講習会

 当機構では、土砂災害防止法の区域設定に使用する三次元数値地図成果について、必要な数値地図の性能規定を定めた「土砂災害防止法に使用する数値地図作成ガイドライン(案)」に対する照査を行っています。また、三次元数値地図作成に関する講習会も開催しています。

 

・講習会のこれまでの実績
 実施回数:103回、受講人数:540名
 (平成29年2月1日現在)

 

・問合せ先
 研究第一部 砂防管理情報センター担当 03-5216-5855

 

・数値地図照査案内 
 申込書 ダウンロード

 

※なお、以下にデジタルマッピングと既存航空レーザ測量データを併用した数値地図作成時の留意点や照査事例について整理した実例集を掲載いたしましたのでご参考にしてください。

 数値地図実例集

土砂災害警戒区域等設定支援システムの提供・支援

土砂災害警戒区域等設定支援システムの起動画面

土砂災害警戒区域等設定支援システムの起動画面

 当機構は、要請に応じ土砂災害警戒区域等設定支援システムに関する講習会を開催するとともに、同システムを提供し、サポートする業務も行っています。

 

 システムの使用申込みについては、以下のサポートサイトをご覧ください。

 

・区域設定支援システムサポートセンター
 http://www.sff-gis.com/

 

※なお本システムは、平成24年度国土交通大臣表彰「情報化促進部門」を受賞しました。

 

※これから新たに土砂災害警戒区域等設定支援システム(地滑り編)を使いたい方は、システム稼働に必要なArcGIS9.3.1が2016年12月28日12時から入手できなくなりますので、ご注意ください。

   ≫詳しい内容はこちら

基礎調査データの処理並びに管理システムへの登録支援

基礎調査データを確認し、管理 システム登録形式に変換処理の状況

基礎調査データを確認し、管理
システム登録形式に変換処理の状況

 当機構は、土砂災害防止法に基づき実施された基礎調査の成果データについて、土砂災害警戒区域等管理システムに登録するためのデータ処理業務を行っています。

 

・基礎調査データ処理

   申込書 ダウンロード  

 

 

 

 

 

問い合わせ先 : 研究第一部 砂防管理情報センター担当
TEL:03-5216-5855 FAX:03-3262-2205 e-mail:mail-dmac