砂防関係施設の長寿命化計画

 我が国の砂防関係施設は明治以降整備され、砂防堰堤の数は60,000基以上に達しています。これらの施設の中には、竣工後30年~50年以上経過している砂防設備が数多く現存しています。
 国土交通省砂防部保全課は、これらの施設により保全対象を守る観点から、施設の健全度等を把握し、長期にわたりその機能及び性能を維持・確保することを目的として、維持、修繕、改築、更新の対策を的確に実施するため、平成26年6月12日に「砂防関係施設の長寿命化計画策定のガイドライン(案)」を事務連絡として各地方整備局に出しました。
 当機構は、施設の点検手法、健全度の評価手法、対策優先度順位と対策工法、経過観察手法を検討し、対策の年次計画を策定する長寿命化計画業務に取り組んでまいります。

砂防設備、地すべり防止施設、急傾斜地崩壊防止施設、雪崩防止施設等の点検手法、健全度評価等の検討

  施設の特性と施設点検の現状を踏まえ、目視により健全度を把握、評価ができるよう、施設の点検項目と点検に伴う健全度レベルを評価する点検手法を点検要領やマニュアルとして提案しています。対策の優先順位は砂防計画上の重要性や施設と保全対象との関係、流域の特性等を踏まえ検討し、対策に伴う概算工事費を算出し、発注者の予算と実績を踏まえ年次計画を策定します。

湯沢砂防事務所管内檜倉砂防堰堤(新潟県)損壊 (H23年7月福島・新潟豪雨災害)

湯沢砂防事務所管内檜倉砂防堰堤(新潟県)損壊 (H23年7月福島・新潟豪雨災害)

 

 

 

新潟県鎌倉沢3号堰堤損壊(H23年7月福島・潟豪雨災害)

新潟県鎌倉沢3号堰堤損壊(H23年7月福島・新潟豪雨災害)

石川県板ケ谷川2号堰堤

石川県板ケ谷川2号堰堤

堰堤亀裂

堰堤亀裂

鋼製構造物鋼製フレームの変形

鋼製構造物鋼製フレームの変形

集水井の腐食

集水井の腐食

擁壁工:押し出し

擁壁工:押し出し

地すべり防止施設等の管理方針の策定

集水孔口がスライムにより閉塞

集水孔口がスライムにより閉塞

 地すべり対策事業実施箇所の中には、工事着手後何十年も経過するなど管理の段階に入っていくべき箇所が数多く見受けられます。

 当機構は、実態を調査したうえで管理方針を取りまとめたり、直轄で実施した地すべり防止施設の都道府県への引継がスムーズになされるようお手伝いします。

 

問い合わせ先 : 研究第二部
TEL:03-5216-5872 FAX:03-3262-2202 e-mail:mail-kenkyu2